Lスポット

提供: SM美容の世界
移動先: 案内検索
Lスポットを構成するラビア稜線陰唇間溝ハート線小陰唇大陰唇陰核亀頭(黄色)との位置関係。
女性の外陰部領域の模式図。陰核亀頭は黄色、尿道口は青色、膣口はオレンジ、アヌスは茶色の楕円形で示してある。また、前庭は鶯色、スキーン腺は緑色、バルトリン腺は水色で示してある。水色の破線は会陰縫線

概要

小陰唇の性感スポット。「Labia minora(ラビア)」に由来。ラビアの上部は陰核包皮に連続するため、ラビアへの機械的振動は陰核小帯等を介して陰核亀頭に伝播される考えてよく、LスポットCスポットは連関がある。ラビアの縁をラビア稜線と呼ぶ。と呼ぶ場合があり、特に性感スポットとして感度が高いとする意見もある。小陰唇の外側のつけ根を陰唇間溝(Sulcus interlabialis)と呼び、ここを性感スポットと指摘する報告もある。他にも粘膜皮膚帯粘膜の切り替わり位置と指摘されているハート線なども性感スポットとしての潜在性がある。ハート線Zスポットのひとつとも捉えることができ、ここでもLスポットZスポットの関連が見える。『ヴィラ下水翼』を参照。

位置

オマンコの穴の横のビラビラ

特徴

別名

A, T, G, C・・といろいろあります

複合体・ゾーン・軸

脚注


関連項目

関連コラム