陰核包皮

提供: SM美容の世界
移動先: 案内検索
女性の外陰部領域の模式図。陰核亀頭は黄色、尿道口は青色、膣口はオレンジ、アヌスは茶色の楕円形で示してある。また、前庭は鶯色、スキーン腺は緑色、バルトリン腺は水色で示してある。水色の破線は会陰縫線

陰核亀頭を覆う表皮。

概要

陰核亀頭を覆う表皮。小陰唇は上の方で2枚のひだに分れている。外側のひだは左右のものが陰核亀頭の上でつながり陰核包皮を形成。内側のひだは陰核小帯として陰核亀頭につながる。

陰核亀頭陰核包皮を持ち上げることで露出するが、陰核亀頭に続く陰核体の体表部分は露出しない。この陰核体の体表部分は『クリ根』『クリ元』などと呼ばれることがあり、陰核亀頭と共に『Cスポット』の一部と考えてよい。また小陰唇Lスポットへの刺激は、小陰唇に連結した陰核包皮を介して陰核亀頭への刺激となるであろう。『ヴィラ下水翼』を参照。

別名

陰核包皮 クリトリス包皮 神田(しんでん) 包皮 Clitoral hood Foreskin of the clitoris Prepuce of clitoris Preputium clitoridis

脚注

関連項目

関連コラム