会陰縫線

提供: SM美容の世界
移動先:案内検索
男性のチンポ領域の裏にある3つの縫線会陰縫線は女性にも存在しRスポットとなる。
女性の外陰部領域の模式図。陰核亀頭は黄色、尿道口は青色、膣口はオレンジ、アヌスは茶色の楕円形で示してある。また、前庭は鶯色、スキーン腺は緑色、バルトリン腺は水色で示してある。水色の破線は会陰縫線

概要

縫線(Rhaphe)とは、発生の初期段階で離れていた組織が、発生の進行と共に癒合した痕跡。脳、口蓋などいろいろなところにあるが、外陰部では、男性の場合、陰茎縫線陰嚢縫線会陰縫線などがあり、女性の場合、会陰縫線(『Rスポット, 中央縫線』、蟻の門渡り)がある。男性の陰茎縫線は、女性の小陰唇(特にラビア稜線)が閉じたところ、陰嚢縫線大陰唇が閉じたところと考えてよい。『ヴィラ下水翼』を参照。

位置

特徴

別名

縫線 Rhaphe 陰茎縫線 Raphe of penis Raphe penis Penile raphe 陰嚢縫線 Raphe of scrotum Raphe scroti 会陰縫線 Rhaphe perinei Raphe perinei 中央縫線 正中縫線 Median raphe

脚注


関連項目

関連コラム