恥骨頚部筋膜

提供: SM美容の世界
移動先:案内検索

テンプレート:恥骨頚部筋膜 要約恥骨頚部筋膜という。

概要

骨盤の底面付近で、膀胱をハンモックのように支える筋膜の1つで、内骨盤筋膜(Endopelvic fascia)に連続して存在する。特に、膀胱三角部と膣壁前部に挟まれた領域はハルバン筋膜(Halban's fascia)と呼ばれ、膣最奥部の性感スポットHスポットヴァニラスポット)との関連が強い。筋膜の一般的性質として、コラーゲン、エラスチンなどのマトリクスタンパク質に富み、血管、リンパ管、神経が走る。

別名

恥骨頚部筋膜 恥骨頸部筋膜 Pubocervical fascia

重要な性感スポット

体のあちこちに性感スポットが存在するが、特にオマンコ周辺に焦点をあげるなら、大きく次の2つに分類できる。

広くはVスポットと呼ばれるこの領域には陰部神経会陰神経が密に存在し感覚が鋭い。陰核亀頭Cスポットを筆頭に、体の内部も含めたパンクリトリスの関連が濃厚なGスポットQスポットUスポットなどが含まれる。
他にもラビアLスポット、オマンコ入り口付近のEスポットZスポットアナルがらみのXスポットJスポットRスポット。また。SスポットOスポットも入るかもしれない。
膣の上側(腹側)に存在するVACゾーンGスポットUスポットカリナなどを含む。
膣には感覚神経は少なく、高次の感覚処理を伴うと思われる性感覚。いわゆるポルチオ性感に関係しており、膣奥の上側(腹側)のAスポットTスポット)、Hスポットや下側(背側)のKスポットなど、および奥側全体(子宮頸部周辺)を指すPスポットなどが注目されている。
陰核亀頭と異なり、単純に刺激すれば性感が誘導されるという訳ではないであろう。

クリトリスに関連した記事

Gスポットに関連した記事

ポルチオに関連した記事

脚注


関連項目

膀胱子宮の間を埋める筋膜
Hスポットの実体がハルバン筋膜ではないかと考えられる。

奥の上側に、膀胱と挟まれるように存在する筋膜ハルバン筋膜という。

概要

奥の上側に位置するハルバン筋膜あたりに性感スポットとがあるとフランス人の研究者から1980年代初めに提案されたのが最初[1][2]ハルバン筋膜(Halban's fascia)とは、膀胱三角部と膣壁前部に挟まれた位置にある筋膜で、オーストリアの婦人科外科医、ジョセフ・ハルバン(Josef Halban)に由来した名前。

研究者によって呼び方は異なりやや混乱。恥骨頚部筋膜(pubocervical fascia)の一部として用いられる場合もあるし、同義語として用いられることもある。エマニュエル・ジャニーニらは尿道の間にある尿道膣空間(urethrovaginal space)の一部がハルバン筋膜であるとしている[3]。これに対し、ヴィンセンツォ・ピュッポは、解剖学的には尿道の間は、尿道膣中隔(Urethrovaginal septum)と呼ぶべきで、尿道膣空間という名称は不適切で、かつハルバン筋膜膀胱三角部と膣壁前部に挟まれた筋膜で定義されると指摘し、性感スポットとの関係には否定的[4]

SM美容ではジョセフ・ハルバンの「H」を取り『Hスポット』と呼んでいる。

Hスポットは広い意味で、膣壁前部の奥の部分の性感スポット複合体を意味する。これに対して、膣壁前部の入り口付近の性感スポット複合体がCUVに相当する。膣壁前部性感複合体=VACゾーンは、CUVにさらに尿道のカリナHスポットも含めたより広い膣壁前部性感スポットを指し示すが、HスポットCUVは分けて考えるべきであろう。

位置

研究者によって呼び方は異なりやや混乱しており、それぞれの名称が指し示す位置も異なるものかもしれない。ハルバン筋膜そのものは、の一番奥の上側の壁の「向こう側」に存在する(の内側ではない)。SM美容でいうヴァニラスポットと完全に一致している。また、チュア・チィ・アンが提唱した「前部円蓋性感帯に極めて近い。従って、Halban fascia ハルバン筋膜 Halban's fascia Fascia de Halbanヴァニラスポット Vスポット Hスポット ハルバン・スポット Tスポットらは、いずれも似たような位置を性感スポットとしている。簡単には「膣の一番奥の上側」である。 膣の一番奥の上側で、ヴァニラスポット Vスポット Hスポット ハルバン・スポット Tスポットと同じと考えてよいであろう。ただし、「尿道膣空間(urethrovaginal space)」と呼ぶ場合には、「一番奥」だけではなく、もう少し手前までも含めた「膣の上側」を含むのかもしれない。ちなみに、一部の研究者は、「尿道膣空間(urethrovaginal space)」領域が男性のペニスの構成単位である海綿体の一種、Corpus spongiosumに相当するのではと指摘しているが、少なくともハルバン筋膜は、解剖学的、発生学的にはCorpus spongiosumとは全く異なる。

特徴

ハルバン筋膜(Halban's fasciaとは、膀胱三角部と膣壁前部に挟まれた空間に存在する筋膜。繊維質に富む弾力性のある間葉組織で、繊維結合組織、血管、神経末端、分泌腺、筋繊維が豊富に存在する。クラウゼ小体かそれに近い神経末端をもつ。性的興奮により血液が流入するとされる。

別名

Halban fascia ハルバン筋膜 Halban's fascia Fascia de Halban


脚注

  1. Minh, M., Smadja, A., De Sigalony, J. & Aetherr, J. Role du fascia de Halban dans la physiologie orgasmique feminine. Cahiers de Sexuol Clin 7, 169 (1981).
  2. Hoang, N.M., Smadja, A. & Herve de Sigalony, J.P. Realite et utilite du fascia de Halban. J Gynecol Obstet Biol Reprod (Paris) 20, 51-9 (1991).
  3. Gravina, G.L., Brandetti, F., Martini, P., Carosa, E., Di Stasi, S.M., Morano, S., Lenzi, A. & Jannini, E.A. Measurement of the thickness of the urethrovaginal space in women with or without vaginal orgasm. The journal of sexual medicine 5, 610-8 (2008).
  4. Puppo, V. Anatomy of the Clitoris: Revision and Clarifications about the Anatomical Terms for the Clitoris Proposed (without Scientific Bases) by Helen O'Connell, Emmanuele Jannini, and Odile Buisson. ISRN obstetrics and gynecology 2011, 261464 (2011).

関連項目


関連コラム

関連コラム