前部円蓋性感帯

提供: SM美容の世界
移動先:案内検索

前部円蓋性感帯(せんぶえんがいえいかんたい)とは膣壁後方上部の子宮頸部近くにある性感スポットで一般にはAスポットと呼ばれる場合が多い。

概要

チュア・チィ・アンが提唱した「Anterior fornix erogenous zone前部円蓋性感帯)」[1]。「膣の一番奥の上側」の性感帯である『Hスポット』(=『ヴァニラスポット』、『ハルバン・スポット』)と近い位置にある。

位置

膣壁後方上部の子宮口近くの性感帯。Aスポット A-spot Anterior fornix erogenous zone 前部円蓋性感帯 AFEゾーンはいずれも同じ位置の性感スポットHスポットと極めて近い位置にあるが、Aスポット子宮膣部近くに性感帯があるとするのに対して、はHスポットハルバン筋膜が性感帯の中心とみなすのが異なる。 第2Gスポット 第2のポイント エピセンター ディープ・スポットは細かい位置が明確に指示されていないのでHスポットに属するのか、Aスポットに属するのかよく分からない。

別名

Aスポット A-spot Anterior fornix erogenous zone 前部円蓋性感帯 AFEゾーン

A, T, G, C・・といろいろあります

複合体・ゾーン・軸

脚注

  1. Ann, C.C. A proposal for a radical new sex therapy technique for the management of vasocongestive and orgasmic dysfunction in women: The AFE Zone Stimulation Technique. Sexual and Marital Therapy 12, 357-370 (1997).

関連項目

関連記事