ポルチオスポット

提供: SM美容の世界
移動先:案内検索
ポルチオスポット性感スポットと捉えるよりは、ペルヴィス内の複数の性感スポットの刺激で誘導される高次な「こころ」の状態(ポルチオ逝き)と考えるべきであろう。

Pスポットは(1)「ポルチオスポット」を略した呼び方。その他にも、(2)男性の前立腺付近の性感スポット、(3)男性のペニスといった使い方もある。

概要

ポルチオ性感に関連した性感スポットとして使われることがあるが、ポルチオ性感そのものの定義がはっきりとしていないこともあり、ポルチオスポットに関してもその実体は曖昧である。むしろ、局部的なペルヴィス内の複数の性感スポットの刺激で誘導される高次な「こころ」の状態(ポルチオ状態)と考えるべきであろう。特に、Hスポットヴァニラスポット)、CUVポルチオ逝きの鍵を握るので、これらの性感スポットPスポットとみなしてもよいのかもしれないが、ポルチオ状態の誘導にはいろいろなルートがあり、必ずしも、Hスポットヴァニラスポット)、CUVへの刺激を経る必要もない。なお、ポルチオは「Portio vaginalis uteri (子宮膣部)」の「Portio」から由来している。和製外語で海外では用いられていない。

女性のポルチオ性感に関連した性感スポットとしての使い方に加えて、「男性の前立腺付近の性感スポット」「男性のペニス性感スポット」、といった使い方もある。

別名

Pスポット ポルチオスポット ポルチオ逝き ポルチオ性感帯 前立腺スポット

A, T, G, C・・といろいろあります

複合体・ゾーン・軸

重要な性感スポット

体のあちこちに性感スポットが存在するが、特にオマンコ周辺に焦点をあげるなら、大きく次の2つに分類できる。

広くはVスポットと呼ばれるこの領域には陰部神経会陰神経が密に存在し感覚が鋭い。陰核亀頭Cスポットを筆頭に、体の内部も含めたパンクリトリスの関連が濃厚なGスポットQスポットUスポットなどが含まれる。
他にもラビアLスポット、オマンコ入り口付近のEスポットZスポットアナルがらみのXスポットJスポットRスポット。また。SスポットOスポットも入るかもしれない。
膣の上側(腹側)に存在するVACゾーンGスポットUスポットカリナなどを含む。
膣には感覚神経は少なく、高次の感覚処理を伴うと思われる性感覚。いわゆるポルチオ性感に関係しており、膣奥の上側(腹側)のAスポットTスポット)、Hスポットや下側(背側)のKスポットなど、および奥側全体(子宮頸部周辺)を指すPスポットなどが注目されている。
陰核亀頭と異なり、単純に刺激すれば性感が誘導されるという訳ではないであろう。

クリトリスに関連した記事

Gスポットに関連した記事

ポルチオに関連した記事

脚注


関連項目

関連コラム