Aスポット(アダム徳永版)

提供: SM美容の世界
移動先:案内検索
ペルヴィス内でのAスポット(アダム徳永版)の位置。管は上から尿道直腸を示す。

Aスポット(アダム徳永版)は膣の一番奥の下側に存在する性感スポットアダム徳永の独自の用法。SM美容ではPFスポットと呼んでいるが、「奥裏Gスポット」と呼ばれたりもする。

概要

膣の一番奥の下側に位置する。「POSTERIOR FORNIX OF THE VAGINA(後膣円蓋)」と呼ばれる部分。Aスポットが膣の一番奥の上側に位置するので、ちょうどAスポットの反対に位置する。

位置

特徴

別名

PFスポット 奥裏Gスポット 奥裏G Aスポット(アダム徳永版) 第1のポイント

重要な性感スポット

体のあちこちに性感スポットが存在するが、特にオマンコ周辺に焦点をあげるなら、大きく次の2つに分類できる。

広くはVスポットと呼ばれるこの領域には陰部神経会陰神経が密に存在し感覚が鋭い。陰核亀頭Cスポットを筆頭に、体の内部も含めたパンクリトリスの関連が濃厚なGスポットQスポットUスポットなどが含まれる。
他にもラビアLスポット、オマンコ入り口付近のEスポットZスポットアナルがらみのXスポットJスポットRスポット。また。SスポットOスポットも入るかもしれない。
膣の上側(腹側)に存在するVACゾーンGスポットUスポットカリナなどを含む。
膣には感覚神経は少なく、高次の感覚処理を伴うと思われる性感覚。いわゆるポルチオ性感に関係しており、膣奥の上側(腹側)のAスポットTスポット)、Hスポットや下側(背側)のKスポットなど、および奥側全体(子宮頸部周辺)を指すPスポットなどが注目されている。
陰核亀頭と異なり、単純に刺激すれば性感が誘導されるという訳ではないであろう。

クリトリスに関連した記事

Gスポットに関連した記事

ポルチオに関連した記事

脚注


関連項目

関連コラム