アダム徳永

提供: SM美容の世界
移動先:案内検索
アダム徳永

あだむ とくなが(1954年-)はセックスセラピスト、セックスカウンセラー。「アダムタッチ」「スローセックス」を提唱。

概要

アダムタッチ」「スローセックス」で有名なセックスカウンセラー。

別名

西尾進一郎、リック西尾

アダム徳永が用いる性感スポットの名称

アダム徳永によるアダムタッチの特徴

  • 繊細な愛撫を一定のリズムで長時間与える。
  • 手のひらを浮かせ、指をだらりと下ろしたその指先で、触れるか触れないかの微弱なタッチで愛撫。決して指を動かさない。
  • 「規則正しい動き」が安心感を与える。「楕円」運動が基本。
  • 秒速3センチのゆっくりとした動き。
  • 指先から「」を送るつもりで。手のひらには経穴の「労宮」がある。
  • 「腰」→「背中」→「背骨」→「肩甲骨」→「乳房」
  • 「腰」は「仙骨」回りに楕円を描く。「背中」は背骨を下から上にゆっくりと2本の指で、仙骨のエネルギーを脳に伝えるつもりで。天辺でキープ。
  • 「肩甲骨」は背骨側のエッジの部分を4本の指で右回り。
  • 「乳房」は渦を巻きながら中心に向かって。
  • 「脇の下」と「乳首」を結ぶゾーンを中指と薬指を直角に曲げてトントン叩く「バイブレーション愛撫法」。
  • バイブレーション愛撫法」は、「脇の下」と「乳首」を結ぶゾーンの場合は脂肪を振動させるのではなく、手の重みを利用して指先を1センチ程「押し込み」、脂肪の下の「胸筋」に振動を与える。「クリトリス」の場合は、手根の部分を軽く押し当て、高速で手を軽く左右にゆらす。
  • 「足指つま先」→「足指のつけね」→「土踏まず」→「かかと」→「足の側面」→「足の甲」→「くるぶし」→「足指の股」
  • 愛撫する指を3本→2本→1本と減らしていくと、与える刺激が強くなる。
  • 「足指の股」は人差し指をねじ込んで回すような感じ。
  • 「太腿」は「外側」「上面」「内側」の3つにわけてそれぞれ楕円に愛撫。「表皮へのスクラッチ」と「筋肉の筋に指が入っていくようなスクラッチ」で。
  • 「ひざ裏」を円で愛撫。
  • 「お尻」は「側面」「臀部」「谷間」3つにわけてそれぞれ楕円に愛撫。
  • 「臀部」は円を内側から外側に向けた軌道で。
  • 「尾てい骨」に手根の部分を軽く押し当て、高速で手を軽く左右にゆらす「バイブレーション愛撫法」。
  • 「お尻の側面」は中指と薬指を直角に曲げてトントン叩く「バイブレーション愛撫法」。
  • 詳細はアダム徳永の著書を読むと良い[1]

脚注

関連項目

関連コラム

耳学問2:アダムだッチぃーの