尿道傍管

提供: SM美容の世界
移動先: 案内検索
女性の外陰部領域の模式図。陰核亀頭は黄色、尿道口は青色、膣口はオレンジ、アヌスは茶色の楕円形で示してある。また、前庭は鶯色、スキーン腺は緑色、バルトリン腺は水色で示してある。水色の破線は会陰縫線

スキーン腺(すきーんせん)とは、尿道口付近に開口部をもつ女性の分泌腺の1つ。女性の前立腺とも呼ばれ、スキーン腺から分泌される液体がではないかとする考えが広まっている。

概要

尿道口付近に開口部をもつ女性の分泌腺の1つ。女性の前立腺ともいえる器官で、その分泌液は前立腺液と成分が似ている。いわゆる潮吹きスキーン腺からの分泌液の放出現象をではないかとされている。ただし、AVでよく見られる大量の潮吹きは尿の失禁である。女性のスキーン腺は男性の前立腺に相当する器官であるために、スキーン腺を女性前立腺と呼ぶようにしようと主張する研究者も多い。

スキーン!』 『しほさゐにヨニの島に漕ぐ舟に・・』 『おつゆ』 『世界しおふき物語』参照。

位置

尿道の体表近くを取り巻くように存在する。その開口部は尿道の中に存在する場合や、尿道口の横に存在する場合もあり、個人差が大きいようである。開口部の数についても一致した見解はなく、個人差が大きいのかもしれない。スキーン腺そのものが存在しない女性もいるとする報告もある。

特徴

別名

スキーン腺 小前庭腺 尿道傍管 Ductus paraurethrales Glandulae vestibulares minores Lesser vestibular glands Minor vestibular gland Paraurethral ducts Skene's galnd

脚注

関連項目

関連コラム