ジークムント・フロイト

提供: SM美容の世界
ナビゲーションに移動検索に移動

ジークムント・フロイト

概要

19世紀から20世紀にかけて活動したオーストリアの精神医学者。精神疾患の治療に、当初催眠術を用いていたが、やがて催眠術を放棄し、自由連想法を主体とする新しい治療法を確立する[1]。精神分析学の創始者と位置づけられる。カール・グスタフ・ユングアルフレッド・アドラージークムント・フロイトの弟子と位置づけられることが多い。

別名

ジークムント・フロイト Sigmund Freud

エピソード

  • 「性的衝動を発動させる力」として「リビドー」という言を広める(「リビドー」という言葉そのものは既に使われていた))。

脚注

関連項目

関連記事