丹田

提供: SM美容の世界
移動先:案内検索
丹田の位置

丹田(たんでん)とは、3-4世紀に中国で確立されたとされる内丹術における重要な概念。「」を「気」に変容させていく場所として「丹田」が定義されている。現在広く用いられている「丹田」は、いくつかある丹田の中で「下丹田」を指しており、ヘソの下5-9センチぐらい、体表から5センチぐらいの深さの位置に想定された部位である。

概要

丹田の今風の位置。お腹を縦に走る腹直筋(左の腹直筋のみを水色で着色)と横に広く走る腹横筋は臍の下あたりでその上下関係が入れ代わる(交差する)が、その交差地点の中心近くが下丹田に相当するのではという考えがある。

ヘソの下5センチぐらい、体表から5センチぐらいの深さの位置に想定された部位で「」を「」に変容させていく場所として東洋系の思想でしばしば登場する。インドヨーガの身体観である「チャクラ」の「第2チャクラ」と似た位置に存在する。

下丹田の位置

ヘソの恥骨の間を五等分した際のヘソから3単位分下の位置とされる。「臍下3センチ」「臍下5センチ」「臍下9-15センチ」などのいろいろな記述がある。体表近くではなくやや深部にあり、腹横筋腹直筋が重なる位置に相当とする考えもある。ヨガでの「第1チャクラ」に近い部分でもあが、背景となる考え方が異なるので、単純に同一部位とみなすわけにはいかない。関元や[中極]などのツボ下丹田の位置に相当する。

別名

気海穴 胆 きも 丹田 下丹田 臍下丹田 関元穴 肚 はら Hara

脚注


関連項目

関連コラム