ミルトン・エリクソン

提供: SM美容の世界
移動先:案内検索

Milton H. Erickson

概要

ミルトン・エリクソン(1901-1980)は米国の心理学者。医学博士。心理療法家。家族療法ブリーフセラピーNLPに大きな影響を与えたとされている。

別名

Milton H. Erickson ミルトン H. エリクソン ミルトン・エリクソン

経歴

1901年(明治34年)、アルバートとクララの第2子として生まれる。

6才の頃、失読症。この頃、「3」と「m」の違いが分かる。

15才、農場に若者が居つかない理由の分析を農業雑誌に投稿。

1919年、ポリオに罹患。「明日の朝までもたない」と医師に宣告。体のほとんどが動かなくなり、声もでなくなる。視覚だけが残る。

1920年、松葉杖で歩けるまでにリハビリ。ウィスコン大学に入学。

1922年、カヌーで1200マイルの川旅。5ドルをもち10週間を一人で。

1923年、ウィスコン大学にいたクラーク・L・ハル教授のもとで催眠術の研究を始める。

1927年、医学博士。心理学修士取得。

1940年(昭和15年)、マーガレット・ミードミルトン・エリクソンを訪問。

1942年(昭和17年)、サイバネティックス学会を通じ、グレゴリー・ベイトソンとの交流が始まる。

1954年(昭和29年)、グレゴリー・ベイトソンジェイ・ヘイリージョン・H・ウィークランドがフェニックスのミルトン・エリクソン宅を訪問してインタビュー。

1980年(昭和55年)3月25日、永眠。

1980年(昭和55年)12月、フェニックスで第1回「催眠と心理療法のエリクソニアンアプローチ国際間フェレンス」開催。

解説

ミルトン・エリクソンに影響を受けた人々

ミルトン・エリクソン関連書籍

脚注


関連項目

関連記事