フランツ・アントン・メスマー

提供: SM美容の世界
移動先:案内検索

フランツ・アントン・メスマー

概要

催眠術、心理療法の開祖。1734年にドイツ生まれた医師。1759年にウイーン大学で医学博士号取得。ウィーンで開業。磁石を用いた治療をおこなっている中で、『動物磁気説』を発表。パリで大ブレークするが、1784年、ルイ16世はメスマーの調査委員会を組織し、『動物磁気説』を否定。これを期に失墜する。メスマー自身は動物磁気で患者が治癒していると思っていたが、今から考えると催眠誘導による神経症の症状軽減を起こさせていた。

別名

フランツ・アントン・メスマー フランツ・アントン・メスメル フランツ・アントン・メズマー Franz Anton Mesmer


関連項目

関連記事