アルギニン

提供: SM美容の世界
移動先:案内検索
アルギニンの立体構造モデル

概要

塩基性アミノ酸。ラテン語の「白い、 arginoeis」を語源とする。平常時の血中濃度は100mMぐらい。

別名

L-アルギニン Arginine

生理活性

  • 内分泌学会の2007年ガイドラインでは、推奨成長ホルモン欠損試験は、「アルギニンとGFRHの組み合わせ負荷によるテスト」。アルギニンだけのテストはメタボに影響されやすいので非推奨[1]
  • アルギニンはソマトスタチンの活性を抑制することで成長ホルモンの放出を促進するようだ[2]
  • 一酸化窒素シンターゼによりアルギニンから一酸化窒素シトルリンが合成される。

合成

加水分解によってオルニチンと尿素になり,オルニチン回路の一員。

引用文献

  1. Ho, K.K. & Participants, G.H.D.C.W. Consensus guidelines for the diagnosis and treatment of adults with GH deficiency II: a statement of the GH Research Society in association with the European Society for Pediatric Endocrinology, Lawson Wilkins Society, European Society of Endocrinology, Japan Endocrine Society, and Endocrine Society of Australia. Eur J Endocrinol 157, 695-700 (2007).
  2. Alba-Roth, J., Muller, O.A., Schopohl, J. & von Werder, K. Arginine stimulates growth hormone secretion by suppressing endogenous somatostatin secretion. J Clin Endocrinol Metab 67, 1186-9 (1988).

注釈


関連項目

関連コラム